profilephoto

profile

search this site.

          

categories

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

archives

ミラノのカフス2

0
    JUGEMテーマ:ファッション

    ラクダのマークが印象的なGOBBIのショーウィンドー。

    GOBBIのカフス

    ネックレスやブレスレット、キーホルダーにマネークリップ、そしてカフスボタンがディスプレイされていました。

    GOBBIのカフス

    こちらはカフスボタン、1ペア 1270ユーロ
    いいお値段です〜!!(汗)

    1842年創業とあるだけに、歴史あるブランド品は違いますね。

    GOBBIのカフス

    レトロっぽいデザインも素敵です。

              blogバナー


    ミラノのカフス

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般


      カフスボタンを探して三千里〜。

      遥々ミラノにたどり着きました(笑)



      時計と一緒にディスプレイされているのを多々見かけました。

      パテック・フィリップのカフス

      このショーウィンドーはパテック・フィリップです。
      世界三大高級時計メーカー!!

      カフスも作ってたんですね!
      って、そりゃぁ、かっこいい時計を着けていたら、袖元にはカフスを着けないと!!

      ゴールド、シルバーベースのカフスボタン。
      時計の色と合わせて着けたいですね。

      パテック・フィリップのカフス

      ホワイトパールのカフスボタンと、革ベルトの時計。
      天然素材でのコーディネートも素敵です。

      パテック・フィリップのカフス

      黒革ベルトの時計とブラックオニキスのカフスで、黒を効かせて男性らしいコーディネート。



      ちなみに、イタリア語でカフスボタンは「gemelli(ジェメッリ)」と言いますよ。




                blogバナー


      映画の中でも、、、メンズコサージュ!

      0
        JUGEMテーマ:ファッション
         
        「草食男子の落とし方」という映画を観てみました。
        タイトルが気になった、のと、ウィノナ・ライダーとヒラリー・ダフが出てる、っていうのにひかれたのですが、内容は、、、、

        ネーミングって大事ですよね。
        英語のタイトルは「Stay Cool」ですもん

        アメリカにも草食男子という概念が存在するのか?
        とりあえず、装飾男子はいそうです!


        映画の中のパーティ・シーンで、スーツの胸にお花のコサージュを着けた人を見かけました。

        華やかに目立ってましたよ〜

        当店のメンズコサージュも是非チェックしてみてくださいね@

        メンズコサージュ 

        Plus1の メンズコサージュ はこちら←。

                  blogバナー


        パパ・カマンガのカフス

        0
          kama2

          コンゴ民主共和国のオフィシャルスタッフ、いつも温かい笑顔が素敵なパパ・カマンガさんが、朝からパソコンでお仕事していました。
          手元には、カフスがキラリ☆

          kama1

          ゴールド地に黒いエナメル、そしてクリアストーンが素敵なアクセント。
          黄色のシャツにとても似合っていました。

          シャツを着る時は、いつもカフスをつけるのだそうです。
          カフスマニアですね〜。
          また、彼のコレクションを見つけたら激写しようと思います見る

          「私、日本でカフス売る仕事してるのよ〜」
          と言ってみましたが、全然通じないというか、信じてない感じでした悲しい

          さて、上海万博は、とても盛り上がっています!!
          福原愛ちゃんも倒れるくらい暑いです晴れ!!
          私のいるアフリカパビリオンもあまりの人で、エアコン全く効いていません。。。

          日本もきっとものすごく暑いと思います。
          熱射病に気をつけてくださいね。
                    blogバナー


          マリ共和国のカフス

          0
            mari1
            まだまだ、上海万博におります。

            こちらは、マリ共和国のズーさん。
            彼はとてもインターナショナルな人で、いろんな国を飛び回っています。

            4月から、とっても仲良くしていただいております。
            初めて会った時、どこかで会ったような懐かしい気がして、不思議だったのですが、、、

            その謎は、上海万博開幕式のセレモニーのテレビを見ていて解けました。
            谷村新司さんに似ていません?
            目がパッチリしていて、優しげな雰囲気がそっくり?!

            谷村新司さんは、中国でもとても人気があります。
            この前タクシーに乗ったら、運転手さんが、「俺はこの歌が大好きだ」と言って、携帯から昴を聞かせてくれましたよ。

            yuyuko
            さて、このカフスはマリで購入されたそうです。
            黒&シルバーにアワビ貝?がクロスに入っていて、とても美しいカフスです。
            ピンクのシャツに、良く映えていましたよ嬉しい

                      blogバナー


            ママドゥのカフス

            0
              実は私、昨年からアフリカ関連の仕事にも参画しており、
              Jazz Funk Africa!!
              に出店させていただきました。

              世界〜日本で、かなり活躍している、『Mamadou Lo ママドゥ・ロー』さん。
              休憩の時、コーヒーを飲みに来てくれました。
              袖元にキラリ☆と光る物があったので、すかさず激写カメラ
              mama2
              シンプルなシルバーですが、時折キラリ☆と光ります。
              今日の舞台衣装にも、程よいアクセントになっていました。
              mama
              ママドゥの太鼓は、とにかく凄いです!!

              熱く、激しく、力強くも、次々と繰り出される魔法のような
              太鼓のリズムに誘われるように、自然と身体が動き出す。
              まるで、魂がトリップする感じ?!
              全ての事を忘れられる。。。

              Mamadou Lo ママドゥ・ロー』さん。
              HPのDiscoGraphyからも視聴出来ます。

              2010年は、もっともっとフルスロットルで行きたいと思います。
              こちらでも次回イベントあれば紹介させていただきます。
              タイミング合えば、是非ご参加くださいませ☆
                        blogバナー


              ナイロビのタクシーで

              0
                ケニア出張も無事に終わり、タクシーに乗って空港へ向かいます。

                タクシーの運転手さんも、カフスを付けてました。
                思わず激写カメラ

                ケニア
                「私は日本のカフスコレクターなの」
                と言って撮らせてもらったら、日本についていろいろ会話が始まりました。

                ケニア
                「僕はカトリックで教会に行くが、君はどうなの?」
                「私は特に宗教を持っていません。日本人で宗教を持っている人は少なくて、でもお葬式の時は仏教だったり、結婚式の時にはキリスト宗だったり、宗教に則って儀式をします」
                みたいな返事をしたら、とても変な顔をされましたたらーっ
                うん、確かに変な習慣でしょうね。

                あと、「日本にはいろんな文字があるって聞いたけど、どう違うんだ?」
                という質問とか。
                (漢字、ひらがな、カタカナのことかぁ。よく知ってるな〜)
                と、思いつつ、書いて見せてあげたかったけど、運転中だったので×。

                世界に出ると、『日本の常識は、世界の非常識』という言葉をしばしば実感します。。。
                          blogバナー


                ティカの工場にて

                0
                  今日は、ナイロビから車で約40分のティカという街に来ました。
                  ティカは工業地帯で、いろんなファクトリーが沢山あります。
                  でも、道のすぐ横には、放牧された牛馬たちがのんびり草を食んでいる、ほのぼのとした雰囲気の所です。

                  お世話になっているナッツ工場に、挨拶と打ち合わせ。
                  採れたてのナッツを運んでいる皆さん。
                  工場

                  普段やり取りしている、社長さん二人(二名の共同経営)といつも送り迎えしてくれるトニーさんに、お土産としてPlus1のカフスをプレゼントしました。

                  天然のパールとオニキスを使った上質のカフスです。
                  角度によってパールがオーロラの様に輝く、私もお気に入りの逸品。
                  社長さんも、「Oh!! change colur, Beautiful!!グッド
                  と、喜んでくれました。

                  トニーのカフス
                  今日は、トニーさんはカフスをしていました。
                  マイケル・ジャクソンの音楽が大好きな、この会社で一番お洒落な経理担当のトニーさん。
                  眼鏡の似合う、知的な感じのナイスガイです☆

                  ケニアは日本よりも、格段にカフス着用率が高いんですよ。
                  至る所で、いろんなカフスを目にします。
                  イギリスの植民地だった背景で、イギリスのスタイルが根付いているからだと思います。
                            blogバナー


                  ナイロビのホテルにて

                  0
                    15日〜24日まで、別件の仕事でナイロビにいました。
                    到着したホテルのロビーのソファに座っていたら、隣にカフスを付けた現地の方がいらっしゃいました。

                    勇気を出して、写真を撮らせてもらいました。
                    ケニアのカフス

                    全部で4個持っているそうです。
                    「いつもはショッピングモールで購入するけれど、今日付けているのは彼女からのプレゼントなんだ」とちょっと照れくさそうに教えてくれました。
                    ケニアのカフス
                    アップの写真はブレてしまい撮影失敗しちゃいましたムニョムニョが、彫り入ったのゴールド地に黒い石のカフス。
                    ビジネスマン風のお兄さんの雰囲気にピッタリでした。

                    プレゼントしたカフス、こうして付けてお仕事頑張ってくれると嬉しいですよねラブラブ
                              blogバナー


                    ケニア大使のカフス

                    0
                      今日は仕事の関係で、ケニア大使館を訪れました。

                      初めてお会いした大使は、心身とても大きく、優しい目をしたまるで象のような大らかな方でした。

                      打合せ時、大使の手元に輝くカフスをチェック!!
                      すかさず、図々しくも撮影をさせていただきましたモゴモゴ

                      大使のカフス
                      奥様からのプレゼントだそうですラブ

                      写真の写りが悪いのですが、チャコールグレーのキャッツアイを用いたカフスです。
                      大使のカフスも、ちょっとだけ光の筋が見えますね。

                      キャッツアイ(ファイバーオプティクス)は、光の入り方の角度によって、猫の瞳のようにキラーン星と輝き、凄く存在感があります。

                      そもそも、キャッツアイは、勇気とコミュニケーションのパワーストーン。 ものごとを明確に見据え、チャンスを逃さずに幸運をつかむことをサポートしてくれます。 
                      また、決断を促してくれる効果もあるそうです。

                      これを選ばれた奥様は流石ですねラブラブ

                      当店でも、キャッツアイ(ファイバーオプティクス)を利用したカフスを取扱い中ですので、ご覧くださいペン

                      キャッツアイ茶色
                      詳細はこちら→「ブラウンのキャッツアイのカフス(カフリンクス)」
                      キャッツアイ ピンク
                      詳細はこちら→「ピンクに輝くキャッツアイのカフス(カフリンクス)」
                                blogバナー


                      | 1/2PAGES | >>